スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【たるみとゆがみを消す!】簡単トレーニング

こんにちは、藤田です。

いつも、貴重なお時間をお付き合い頂いて
ありがとうございます。

ところで、あなたはいつも
ご飯を食べる時に
どの歯で噛んでいますか?

あまり意識されたことはないかも
しれませんが、

多く人のが「噛み癖」があるそうです。

私は左の奥歯で噛む癖がありました。

この「噛み癖」
実は、とってもまずいんです。

そうなんです。

たるみと関係ありありなんです。

今回は「噛み癖とたるみ」についてと

たるみと、ゆがみを改善させて
顔も小さくして「しまう

「噛み合わせのトレーニング」
のお話です!

噛み癖があるとなぜ
まずいのか?
というと

片側で噛む癖がある人は
使っている方の筋肉が緊張して
使っていない側は、たるんできます。

実際、私は左の奥歯で噛む癖が
長年あったので、右側が全体的に
下がっていて、
ほうれい線も右側が濃かったです。

口も少し左にずれて
ゆがんでいました。

口角も右の方が下がっていました。

しかも、習慣になっている噛み癖によって
全身の骨にゆがみが生じてきしまうんです…

習慣的に片方で噛むことで、
常に噛む歯が擦り減ってしまい
左右の歯に高さの差ができてしまいます

日本人は奥歯で噛む人が多いそうですが、
奥歯ばかり使っていると、

奥歯がすり減って前後の歯に
高さの差ができてしまいます。

この歯の高さの変化によって
支えている頭の位置がぐらぐらするので、
バランスをとろうとして、

頭を支える筋肉が異常に緊張して
肩コリや、頭痛にもつながってしまいます。

これが長期間続くと、
首、背骨、骨盤などの全身が
ゆがんできてしまうんです。

左側で噛む癖がある場合、
左に頭が傾くので、右肩が上がり
バランスをとろうとします。

そして、骨盤は左にずれます。

私は足の長さまで左右違っていました。

片側で噛む噛み癖があると

●顔のたるみ
●片方のほうれい線が濃くなる
●顔のゆがみ
●全身の骨のゆがみ
●骨盤のゆがみ
●猫背
●左右の目の高さと大きさに差がでる

と、
これだけのまずすぎる事が
あるんです。

美容の大敵です。

日本人は私のように左の奥歯で
噛んでいる人が多いそうです。

「奥歯でしっかり噛みなさい。」
と子供の頃、教わりましたよね。

右ききの人は、右手で箸を持ち
食べ物を左側に持っていこうとするので
左で噛んでしまうんだそうです。

まず食事の時に、左右均等に前歯も
使ってまんべんなく均等に噛むことが
大事ですが、

さらに、プラスαで

この美容の天敵の原因を
消し去る、とっても
簡単な方法があるんです!

「噛み合わせのトレーニング」です。

左右均等に噛むトレーニングをすることで、
両方の筋肉の形状が均等になって、
左右バランスがとれた顔だちになり、

口の周りの筋肉も全て動くため、
顎の血行も均等になって
血色がよくなって、

使っていなかった筋肉を
自然な形で動かすので、

顔の下半分が特に引き締まり、
たるみも改善されて、
顔が小さくなります。

というワンダフルなトレーニングです。

私は続けて3ヶ月程ですが、
3週間ほどで、
顔のゆがみが改善されて、

片側のほうれい線が薄くなり、
顔が小さくなってきたと
言われるようになりました。

とっても簡単なので、
毎食後に行ってください。

まず、割りばしを用意してください。

では、早速、

【ステップ1】
左の奥歯で10回、
左手前の歯(小臼歯、犬歯)
あたりで20回割りばしを噛みます。

小臼歯、犬歯はこの辺りの歯です。
⇒ http://alps-d-c.hp.infoseek.co.jp/d1.htm
(少し下の方にスクロールして頂くと図が載っています。)

【ステップ2】
前歯で30回程噛みます。

※私は前歯は噛む所ではないと
ずっと思っていましたが、

前歯を使わないと
奥歯がすり減ってしまい

頭の位置が後ろに傾いて、
その補正の為に首が上向きになって、

上向きでは生活しずらいので、
それを補正しようとして、

首と腰を曲げて
視野を確保する為に頭の重心を変えて

首を前に出した姿勢を保つようになるので、
首だけが前に出てくるようになってしまいます。
これが猫背です。

猫背になると
顔の筋肉を引っ張り上げている
背中の筋肉「僧帽筋」が

顔の筋肉を引っ張り上げることが
出来なくなってしまい
たるみにつながります。

前歯と奥歯をバランスよく使うことで、
猫背が改善されます。

欧米では、パン食でナイフとフォークを
使って食べることが多いので、

前歯を良く使います。
欧米の人は猫背は
あまりいないように思います。

私のように前歯を使っていなかった方は
前歯も意識して使いましょう。

【ステップ3】
同じように右の手前の歯(小臼歯、犬歯)
あたりで20回、右の奥歯で10回
と全体を噛み回していきます。

【ポイント】
●猫背が気になる方は小臼歯
(左右手前の歯です。
わからない方はステップ1のURLの
図を参照してください。)

と前歯に回数を増やして
特に奥歯の使いすぎに注意してください。

これを毎日かかさず続けてみてください!

顔のゆがみが取れて、
顔が引き締まってきます。

そして噛むことで
若返りのホルモンがブワーッと
分泌されます。

若返りホルモンを出す方法は
以前お話しましたね。
⇒ http://archive.mag2.com/0001067021/20100107123339000.html

ここも大事なので、見ていない方は
是非、読んでみてください!

1年程で、噛み合わせが改善されたり
出っ歯が改善された方もいるそうです!

簡単なのに効果絶大です。
継続は力なりです!
まず、1か月続けてみてくださいね!

このブログは転送、コピー
自由です!

お友達や大切な人に
「この情報は知ってるといい!」

と思ったらどんどん教えてあげてくださいね!

転送したり教えるのが面倒な場合は、
簡単に登録できるので、
このURLを教えてあげてくださいね!
⇒ http://www.mag2.com/m/0001067021.html
毎度のことながら
今回も長くなってしまいました。

最後までお付き合い頂いて
本当にありがとうございました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。