スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【光老化しない!絶対紫外線カット術・2】

こんにちは、藤田です。

いつも、貴重なお時間をお付き合い頂いて
ありがとうございます。

前回に続き、今回も美容の天敵、
紫外線対策のお話です。

前回は、日焼け止めの塗り方や、
UVカット100%の日傘をご紹介して、

外側からの紫外線対策の
お話をさせて頂きました。

今回は、内側からの紫外線対策のお話です。

1年で1番紫外線が強い5月!

しっかり紫外線をガードして
光老化をしない、ハリのある
若々しいお肌保ちましょう!

________________________________________

【目次】
●外出前に食べてはいけないものとは?
●光老化しやすくなる習慣とは?
●出来てしまったシミ対策
●編集後記

________________________________________

________________________________________

●外出前に食べてはいけないものとは?

________________________________________

かなり気温が高くなってきて
紫外線が降り注いでいます。

外に出る時はスキンケアで充分な保湿
+日焼け止めで、肌をガードして

日傘、ストールでさらにさらに
紫外線をガードして、

UVカット率90%以上のサングラス
で目からの紫外線もガードしましょう!

目に紫外線が入ると、脳に
「メラニンを作れ!」

というサインがいってしまい、
日焼けしやすくなってしまうので、

今の時期からしばらく、
サングラスもかかせません!

色の濃いものは瞳孔が開いて
横からの光を受けやすくなってしまうので、

薄い色でUVカット90%以上のものが
おすすめです。

さらに、
外に出る前に、注意したいのが、

「食べ物」です。

紫外線が降り注いでいる外に出る前に
食べない方がよい食品が
あります。

それらの食品には「ソラレン」
という物質が含まれていて、

その「ソラレン」は
光の吸収を増幅させてしまうという
肌にとっては最悪な物質です。

外出前にそれらの食品を食べてから、
外に出てしまうと、光を吸収してしまって
紫外線の影響をモロに受けてしまう
体の状態が出来あがってしまいます。

怖すぎです…。

その食品は、
『レモン、パセリ、きゅうり、セロリ
イチジク、みつば、ライム、ニンジン、
からし…』です。

とても栄養があって肌や体にいい成分が
多く含まれている食品ですが、
日中、食べることはおすすめしません。

「ソラレン」は体の中で、
8時間で2分の1に分解されるので
上に書いた食品は、夜食べるようにしましょう!

ちなみにアルコールを飲んで日に当たると
いつもよりも日焼けしやすくなります。

バーべキュウや海辺のビールも要注意です。

________________________________________

●光老化しやすくなる習慣とは?

________________________________________

そして、光老化を防ぐために
日常生活の中で気をつけたい事が、

○砂糖入りのお菓子を食べすぎること
○添加物の多い食事
○酸化した油
○ストレス
○睡眠不足

です。
砂糖をたくさん摂ってしまうと
悪玉菌を食べる白血球の「マクロファージ」
が大量に活性酸素を出して、

これが皮膚に出てきて「リポフスチン」という
シミを作る物質になってしまいます。

酸化した油、ストレス、睡眠不足が原因で、

「コルチゾール」というメラニンを刺激して
シミを作りやすくする物質が
元気になってしまいます。

食事や油の事は、またお話しますが、
日常生活でも、少し気をつけるだけで、
光老化が防げます。

小さな良い習慣が大きな結果になるので
避けられるものは避けて
光老化を防ぎましょう。

________________________________________

●出来てしまったシミ対策

________________________________________

出来てしまったシミを消すのは
そんなに難しくはないんです。

皮膚のターンオーバーさえ
正常なら肌は28日で生まれ変わりますから、

真皮までいってしまっている
深いシミでなければ、

シミは正面に浮かび上がってきて
一瞬濃くなって、後はだんだん薄くなって
はがれ落ちていきます。

正しいスキンケアで、
肌にストレスを与えず、

食生活を正してビタミンCや抗酸化物質を
摂っていれば、ターンオーバーで
シミは剥がれ落ちます。

「太陽にすっごく当たってしまった~」
という日のケアとしては、
まず、とにかく肌をひたすら冷やすことです。

冷水(ミネラルウォーターか精製水か
ブルーボトルで作った水)を冷やして
何度もスプレーするのも効果的です。

(ブルーボトルの水のお話はこちらです。)
http://archive.mag2.com/0001067021/20100511100000000.html

そして、トマトとスイカを食べてください!

トマトとスイカには
紫外線の害を消す消しゴムのような物質
の「カロチノイド」がたっぷり入っています!

その他の食品では、
かぼちゃやほうれん草にも多く含まれています。

日焼けしてしまった後は意識して
これらの食品を摂ると、
シミが出来にくくなります。

あと、味噌に含まれるコウジ酸と
リノール酸にも美白作用があるので、

味噌汁を欠かさないというのも
とてもいい習慣です。

甘酒にもコウジ酸がたっぷり入っています。

新陳代謝が衰えていると感じる場合は
エクササイズで血流をよくしたり、

リンパケアでリンパの流れをよくしてあげて
ターンオーバーを正常に戻しましょう!

エクササイズのお話
 http://archive.mag2.com/0001067021/20100414080000000.html

リンパケアのやり方
 http://archive.mag2.com/0001067021/20100124070000000.html

________________________________________

●編集後記

________________________________________

紫外線は本当に肌、たるみ、
アンチエイジングの大敵ですが、
少し意識するだけで、
かなり防ぐことが出来ます。

お出かけ前の注意事項を
実践して光老化しない私を
作りましょう!

あなたが、取り上げてほしいテーマなど
ありましたら、教えてやってくださいね!
→ chiharu.2595@gmail.com

このブログは転送、コピー
自由です!

お友達や大切な人に
「この情報は知ってるといい!」

と思ったらどんどん教えてあげてくださいね!

転送したり教えるのが面倒な場合は、
同じ内容をメールマガジンで発行しているので、
このURLを教えてあげてくださいね!
⇒ http://www.mag2.com/m/0001067021.html

今回もすごく長くなってしまいましたが
最後までお付き合い頂いて
本当にありがとうございました。

藤田千春


________________________________________

何か具体的に聞きたい質問や不安、
悩みがありましたら

→ chiharu.2595@gmail.com

までご連絡ください。
もちろん匿名で大丈夫です。

お名前を伏せて公開させて頂く可能性は
ありますが、親身にお答えさせて頂きます。

掲載不可の場合はその旨を明記してください。

◎整形なしで、たるみによるほうれい線を
自分で解消する方法の
バックナンバー・配信停止はこちらから
⇒ http://www.mag2.com/m/0001067021.html

________________________________________
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。