スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ハリ】回復のクレンジング・1

こんにちは、藤田です。

今回は、「肌の水分を保つ方法」
の続きで、肌のハリを回復させるために、

外側からの保湿スキンケアの中で
土台となるクレンジングについて
お話します。

クレンジングは、
毎日のメイクや日焼け止めを落すために
毎日されていると思います。

このクレンジングの選び方と、
日々のクレンジングの方法が

5年後、10年後若い状態でいられるかを
左右するほど、大事です!

つい力が入ってしまいましたが、

美容科の佐伯チズ先生も、
「スキンケアの中で、
クレンジングが1番大切!」
とおっしゃっていました。

私も、クレンジングの方法を変えてから
肌のハリがよくなりました!

クレンジングと洗顔の方法を間違ったまま
それを毎日、何年も続けてしまうと、

敏感肌や、乾燥を招いてしまいたるみや老化
を引き起こしてしまいます。

こ、こわい…
悪い習慣の、毎日の積み重ねって
恐ろしいと思います。

でも、正しいクレンジング方法で
毎日スキンケアを続ければ、

5年後、10年後同じ年の人よりも
ずっと若い肌を保つことが可能です。
未来の自分へのプレゼントになります!

今回はまずクレンジング剤の選び方
をお伝えします。

私たちが使っている、クレンジング剤には
「界面活性剤」というとても洗浄力の
強い成分が入っています。

「界面活性剤」は水と油を混ぜ合わせて
乳化させる成分です。

界面活性剤は、メイクや汚れを落してくれる
成分ではありますが、

私たちの肌にとって、必要な皮脂や
肌のバリア機能を壊してしまう
という恐ろしい性質も持っています。

ただ、メイクを落とすためには
かかせないのが、クレンジング剤です。

乳液やクリームに入っている
「乳化剤」は肌にトラブルを起こすことは
ほとんどないのですが、

クレンジング剤や
洗顔フォームに入っている
洗い流さなくてはならないタイプの
「界面活性剤」は

肌にはよくないのです。

全く、界面活性剤をつかっていない
天然成分を使用したクレンジング剤も
オーガニックのコスメで見つけましたが、

が、しかし…なのです、

天然の成分のみのクレンジングは、
天然の成分ではないメイクを
落しきれないのです。

メイクに完全な天然成分のみ
のファンデーションやマスカラや
チークを使っていれば、いいのですが、

普段、私たちが使っている
ファンデーションや、チークや

マスカラは、天然の成分の物だけでは
落しきれないので、

クレンジング剤を選ぶ時は、

界面活性剤の含まれる量が
あまり多くないものと、

肌につけた時に、肌を摩擦させない
延びのいいものを選ぶことが大事です。

界面活性剤の含まれる量が
多い順に並べると、下のようになります。

●クレンジングオイル(約20~40%)
●クレンジングクリーム(約10~20%)
●クレンジングミルク(約5~15%)
●クレンジングジェル(約5~10%)

これをみると
「じゃあ、ジェルだね!」
と言ってしまいそうになりますが、

洗浄力が弱いために、洗い残しが
気になることと、
延びが良くないので、肌を摩擦してしまう
可能性があります。

摩擦はたるみにも、肌の老化にも
大敵です!

毎日肌をこすってしまったら…
怖いです。
肌をたるませてしまうようなものです。

ですから、私は個人的には
クレンジングクリームか
クレンジングミルクをおすすめします。

クレンジングオイルをお使いの方は
汚れがよく落ちる感じがするとは
思いますが、

界面活性剤の量が多すぎて、
毎日、肌に必要な皮脂や常在菌
という肌に必要な菌までも
落してしまっています。

オイルクレンジングはさっぱり感や
角栓を落す為に使ってしまいがちですが、

オイルクレンジングを使って
W洗顔までしている事で、
皮脂を取りすぎてしまって

かえって皮脂分泌が活発になって
オイリー肌になってしまいます。

肌への負担が大きすぎるので、
オイルクレンジングは
使用をお勧めしません。

ここで、もう1つ大事なのは、
もともと肌によくないと
わかっていながらも、絶対に
使わなくてはならないクレンジング剤は、

界面活性剤の
強い成分が肌に浸透してしまわないように
大きな粒子で作られています。

ということは、クレンジング剤に
その他の有効成分の
保湿成分や、美白成分、

アンチエイジングの成分などが
入っていても肌に浸透しないのです。

ですから、クレンジング剤で、
「保湿成分が入ってますよ~」

と言って値段の高いものは
効果は期待できず、
意味がないので、

私はクレンジング剤は、そんなに
高いお金をかけるものではない
と思っています。

クレンジング剤を選ぶ時の
参考になさってみてください。

今回もついつい
長くなってしまいました。

続けて、クレンジングの方法を
説明しようと思ったのですが、
1から詳しく説明していくと
恐ろしく長くなってしまいそうです…

大事な部分がお伝えできないと
嫌なので、次回の続きにさせて頂きますね。

詳しく、わかりやすく
お話させて頂きますので、
楽しみにお待ちくださいね。


今回も長い話しを最後までお読み頂いて
ありがとうございました。

藤田千春
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。