スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【見た目年齢が若返る!酵素食・2】

こんにちは、藤田です。

いつも、貴重なお時間をお付き合い頂いて
ありがとうございます。

お久しぶりになってしまって
申し訳ありません(__)

前回、「見た目年齢が若返るローフード(酵素食)」
についてお話させて頂いたところ、

「生で野菜を食べるのはサラダ以外
バリエーションがないんですけど…
毎日サラダはいやです。」

というご意見を頂きました。
ですよね。

それは、私もいやです。

私は食べることが、本当に大好きす。
友人が脳内メーカーで私の名前を入力したところ、
脳の中の文字は全部「食」で埋め尽くされていたほどの
食いしん坊です^^;

ですから、大丈夫です!
美味しく食べられるレシピを
お教えしますね。

今回は「ローフード(酵素食)」のポイントと
具体的なレシピをお伝えしたいと思います。

参考になさってくださいね

(見た目年齢が若返るローフード(酵素食)」
については、こちらに載せてあります。)
http://archive.mag2.com/0001067021/20100718171551000.html
________________________________________

【目次】
●野菜、果物についている「農薬」の落とし方
●美味しい「ローフードレシピ」
●編集後記

________________________________________
________________________________________

●野菜、果物についている「農薬」の落とし方

________________________________________

「ローフード」は生の野菜や果物を
中心とした食事です。

そこで気になるのが、
野菜や果物についている「農薬」です。

絶対に体の中に入れたくありません!

有機や無農薬のお野菜ばかり揃えられない時、
野菜についている「農薬」を
しっかり落とすことも「ローフード」では重要です!

毎日の食事ですから、
毒素はしっかり排除しなくていけません。

落し方はとっても簡単です。

【ステップ1】野菜はたっぷりの水につけて
最低5分間置きます。

【ステップ2】その後、何回か流水で流して
残留農薬を落します。

浄水器をお持ちの方は浄水器のお水で
洗って頂くと安心です。

基本はこの2ステップです。

●ほうれん草や水菜や小松菜などの葉物は

根元を開いて、ため水に5分程つけてから
根元から葉先まで、丁寧に洗います。
最後は流水をかけます。

●きゅうりは

塩で皮をよく揉んでから、ため水に5分つけてから
流水で流します。

●カイワレやスプラウ類は

スポンジから上を切り、
切り口を水につけて種を洗い落して、
さらに葉っぱも茎もしっかり洗います

●キャベツや白菜、レタスは

内側にも農薬がついていることがあるので、
1枚ずつはがして、ため水につけてから洗います。

●根菜類は

葉ものについている農薬は水で流せるのですが、
根菜の場合は出荷するまで
農薬のかかった土につかっているので
農薬の影響を受けやすいようです。

無農薬や有機の野菜以外は、
良く洗うこと+皮を剥くことをお勧めします。

「皮と実の間が一番、栄養がある」
という意見もあると思いますが、

私は、普通のスーパーなどで買った根菜は
皮を剥いて、農薬を除去することを
優先しています。

●果物は

まず塩を手に取って表面にすり込みながら
水洗いをして、

皮についているワックスや農薬をおとして
それから必ず5分は水につけてから農薬を浮かせます。

その後、流水ですすいで、皮を剥きます。
オレンジやグレープフルーツなど
絞る時も皮から農薬がにじみでてくるので、

上記のやり方で農薬を落してから切って絞ります。

ちょっとした一手間ですが、
これで心配な農薬を落すことが出来て、
安心して酵素たっぷりの
野菜や果物を口に入れることが出来ます。

______________________________________

●美味しい「ローフードレシピ」

________________________________________

それでは、私が食べてみて
美味しかった「ローフード」の
レシピをお伝えしますね。

まず、1つ目は
【トマト&アボカ豆腐】です。

材料・アボカド(1個)
トマト(1個)
絹ごし豆腐(1丁)
にんにく(1かけ)
醤油(大さじ1)・オイル(大さじ2)(亜麻仁油かシソ油、なければサラダ油)

ステップ1・にんにくを薄―くスライスして
フライパンにオイル大さじ2を入れて、
にんにくチップを作ります。
(油が温まったら、にんにくを入れて弱火でやるとこげませんよ)

ステップ2・にんにくチップを取りだした油を強火で
熱して、醤油大さじ1が入った容器に流します。
(容器は深めの少し大きめの物にしてください。)

※油が高温なので、一瞬バチバチと跳ねるので
くれぐれも、やけどに気を付けて
少し離れて注意して流し込んでくださいね。

ステップ3・トマトとアボカドをサイの目状に切って
豆腐の上に乗せます。

ステップ4・その上に、冷ましたステップ2の
醤油オイルを掛けて、さらにその上から
にんにくチップを手で、バラバラにしてかけて
完成です。

簡単ですが、美味しいですよ。

全部生の食材ではありませんが、
美味しく、ストレスなく食べることが
大事かなと思うので、ちょこっと
火を使っています。

アボカドは「ビタミンA・B・C・E」&
肌の潤い成分「スクワレン」を豊富に含んでいます。

トマトには「カロチノイド」という
紫外線の害を消してくれる消しゴムのような
成分がたっぷり入っています。

積極的に摂って美肌になりましょう。

もう1つは【野菜ビビンバ】です。

材料・きゅうり(3分の1本)
大根(1~2センチ)・ニンジン(3分の1本)
レタスまたはベビーリーフなど(適量)
キムチ20グラム
温泉卵1個(目玉焼きでも大丈夫です。)
ご飯(どんぶり1杯またはお好みの量で)
韓国のり(お好みで適量)
塩(適量)
白ゴマまたはすりごま(適量)
ごま油(適量)
コチュジャン(適量)

ステップ1・きゅうり、大根、ニンジンは
千切りにして、それぞれごま油、塩であえて
ナムルを作ります。

ステップ2・器にご飯を盛り、手でちぎった
韓国のりをのせて、白ゴマまたは、すりごまを
ふりかけます。その上にレタスまたは、
ベビーリーフを乗せて、食べやすい大きさに切った
キムチを乗せて、その上にナムルを乗せます。

ステップ3・真ん中に温泉卵を乗せて、
コチュジャンを添えてから、良く混ぜて
いただきます。

お肉が入っていない野菜ビビンバですが
食べ応えがあって美味しいですよ。

韓国の女性の美肌を見習ったメニューです。
野菜でビタミンB・C・Eを摂って
トウガラシのカプサイシンで代謝アップさせます。

どちらも美味しくて、美容にいいメニューです。
よかったら試してみてくださいね。

________________________________________

●編集後記

________________________________________

「ローフード」はなんといっても
簡単に調理ができて、
肌にもアンチエイジングにも
効果絶大なのがいいですよね。

今回は2つしかレシピを
公開できませんでしたが、

今「ローフード」レシピを色々と
研究中なので、またいいものがありましたら
お伝えさせてくださいね。

このメルマガは転送、コピー
自由です!

お友達や大切な人に
「この情報は知ってるといい!」

と思ったらどんどん教えてあげてくださいね!

転送したり教えるのが面倒な場合は、
同じ内容のメールマガジンを発行しているので、
このURLを教えてあげてくださいね!
⇒ http://www.mag2.com/m/0001067021.html

今回もすごく長くなってしまいました。
最後までお付き合い頂いて
本当にありがとうございました。

藤田千春

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

No title

いつも楽しく観ております。
また遊びにきます。
ありがとうございます。
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。