スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【肌に効く化粧品の選び方・1】

こんにちは、藤田です。

いつも、貴重なお時間をお付き合い頂いて
ありがとうございます。

メールマガジンのお問い合わせや
セミナーの時のご質問に

「メールマガジンを見て、スキンケアのやり方は
理解できたけど、どの化粧品を使っていいのか
わからないんです。」

「藤田さんのおすすめの化粧品を教えてください。」

「私の使っている化粧品、大丈夫でしょうか?」

というご意見を多数、頂いています。

基礎化粧品選びは悩みますし
わからないことも多いですよね。

どうせ買うなら自分の肌にぴったりの
効果のあるものを買いたいです。

今回は、あなたが基礎化粧品を
お選びになる時に参考にして頂ければ
と思い「化粧品の見方」について
お話させて頂きます。

________________________________________

【目次】

●化粧品の成分表って?
●スキンケアのメインディッシュの選び方
●1%しか入っていなくても「CQ10配合」?
●編集後記

________________________________________
________________________________________

●化粧品の成分表って?

________________________________________

あなたは基礎化粧品を買う時に
「成分表」に目を通しますか?

なんだか知らない化学薬的な
カタカナの名前がズラーッと書いてあって
よくわかりませんよね。

この「成分表」が表示されるようになったのが
2001年の「化粧品全成分表示制度」からで、

その前は、化粧品会社は
化粧品に使用する全ての成分に関して
厚生労働省への申請が必要でした。

申請してから製造許可がでるまで1年近くかかり
厚生労働省が厳しくチェックしていました。

が、「化粧品全成分表示制度」が導入されてから
厚生労働省のチェック、許可の制度が廃止されて、

「入っている成分を全部教えるから、
あとは全て自分の責任で化粧品を選んでください。」

という状態になりました。

そんなことを言われても
たくさんの成分の全ては覚えきれないし、

分厚い成分辞典を片手に
化粧品を買いにいくわけにはいきませんよね。

でも、大丈夫です。

いくつかのポイントとよく使われる成分や
ラベルの特徴を覚えてしまえば
化粧品を選ぶ時に、選びやすくなります。

________________________________________

●スキンケアのメインディッシュの選び方

________________________________________

化粧品の成分のラベルは
目がチカチカしてしまうくらい
たくさんの成分が書かれていますが、

成分表の表示は、含有量が多い順番に
表示されています。

例えば、化粧水の成分表を見ると
ほぼ、1番目は「水」と記載されています。

これは「水」が1番多く入っていますよ
ということです。

なので、
化粧水は成分のほとんどが「水」なので、
あまりお金をかけなくてもいいアイテムです。

スキンケアでのメインディッシュの
美容液を選ぶ時は、有効な成分が
成分表の上位に表示されているものを選びましょう。

上位に表示されているという事は
効かせたい成分が多く含有されているという事です。

例えば、
「たるみ」を改善させたい場合、
美容液を選ぶ時、私が注目している成分は、

●ペプチド…コラーゲン細胞に「コラーゲンを作りなさい!」
という信号を送って、コラーゲンの生産を促進させて、
肌の奥からハリと弾力をもたらしてくれます。

●加水分解エラスチン…エラスチンは肌の弾力を保つためのタンパク質で、
加齢と共に減ってしまいます。肌のハリと弾力には欠かせません。

です。他にもコラーゲンやヒアルロン酸
レチノールも肌のハリには効果的ですが、
今、上記の2つは注目しています。

「美白」したいと思っている場合は
美容液の成分は

●ルシノール
●ビタミンC誘導体
●カモミラET

です。美白美容液を選ぶ時は
これらの成分が入っているか確かめてみてくださいね。

シミの原因となるメラニンは紫外線を
浴びてから72時間後に作られると言われています。

メラニンを蓄積させないために
美白成分を含んだ美容液は効果的です。

※肌を白くするハイドロキノンという
成分もありますが、こちらは濃度が高いと
刺激が強く、副作用が出やすいので注意してください。

成分量は多い順に表示されています。
ご自分の効かせたい成分が多いものを選ぶことを
おすすめします。

________________________________________

●1%しか入っていなくても「CQ10配合」?

________________________________________

成分量は多い順に表示されていますが、
含有量が1%未満の成分は、
順不同で記載されています。

どこが1%ラインなのか
見抜くのは至難の技ですが、

とにかく下の方に並んでいる成分は
ほとんど肌に効果はないと思ってください。

例えば、「CQ10配合」とうたっていても
成分表の最後の方に記載されていたら
CQ10は微量しか配合されていないので、
なんの効果もありません。

基礎化粧品を選ぶ時は
成分表を見て、効果的な成分が
多く入っているかチェックしてみてくださいね。

________________________________________

●編集後記

________________________________________

化粧品の成分表については
一言では語れません。
まだまだ、お伝えしたい事がたくさんあります。

ので、次回は「成分表を見る時の具体的なポイント」
「注意したい事」「具体例」などを
お伝えしたいと思います。

このブログは転送、コピー
自由です!

お友達や大切な人に
「この情報は知ってるといい!」

と思ったらどんどん教えてあげてくださいね!

転送したり教えるのが面倒な場合は、
同じ内容をメールマガジンで発行しているので、
このURLを教えてあげてくださいね!
⇒ http://www.mag2.com/m/0001067021.html

今回もすごく長くなってしまいました。
最後までお付き合い頂いて
本当にありがとうございました。

藤田千春

_______________________________________

何か具体的に聞きたい質問や不安、
悩みリクエストなどたら

→ chiharu.2595@gmail.com

までご連絡ください。
もちろん匿名で大丈夫です。

お名前を伏せて公開させて頂く可能性は
ありますが、親身にお答えさせて頂きます。

掲載不可の場合はその旨を明記してください。

________________________________________

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。